アイリス歯科クリニックの院内の器材などにについてご紹介します。

 

滅菌機器(オートクレーブ)

当院では安心して治療を受けていただくために感染対策に積極的に取り組んでいます。高精度の滅菌装置を導入し、細菌やウィルスを逃さず駆除して安心で安全清潔な治療を行っております。歯科治療は 『歯を削る』 『歯を抜く』 『歯肉を切る』などの治療が多く、治療に使う器具・器械には必ず唾液や血液が付着します。そのため、血液に接触すると感染する細菌やウィルスには特に注意が必要です。
全ての「感染」を防ぐためには、治療毎に、使用器具を専用の滅菌装置で滅菌することが必要になります。

オートクレーブとは、内部を飽和蒸気によって高温高圧にできる機器のことです。130度以上という高温かつ高圧の蒸気が隅々まで行き渡ることで手洗いでは不十分な器具や器材の細かなところまでしっかり洗浄し、細菌や微生物を死滅させるため、煮沸よりも効率的に滅菌効果を得ることができます。

 

電動注射器(アネジェクト)

患者さんが歯医医院で痛みを嫌う一つに麻酔を行なうための注射があります。従来の人の手による注射は麻酔薬注入時に加圧のムラが生じ痛みを感じる原因になっていました。
患者さんのために「痛くない」歯科麻酔用電動注射器が開発され、電動注射器コンピューター制御により理想的な麻酔薬の注入スピードを実現します。
注射の痛みは注入スピードによる余計な圧力によるところが大きく、電動麻酔注射器がこの問題を解決してくれました。電動の麻酔注射器は、手動で注射を行なう場合より細い針を使用しているため、刺したときの痛みが非常に抑えられています。
また、コンピューター管理された機械の圧力で麻酔液を注入するため、ゆっくりと痛くないように麻酔が注入できます。
注入速度も数段階に変えることが出来るので状況や注射部位によって最も痛みの少ない速度で一定に注入できます。

 

光学式う蝕(虫歯)検出装置(ダイアグノデントペン)

ダイアグノデントペンは、歯面に655nm のレーザー光を照射することで起こる蛍光反射を測定し隠れた虫歯を検出します。視診やX線診断に加え歯質を数値で判断でき、健常歯を保持しながら適切な治療計画を立てられます。
当院では早期発見および早期治療をおすすめしていますが、その際に必要なのが「治療の必要な虫歯」なのか「虫歯でない」のかの鑑別診断です。虫歯の鑑別診断に従来の視診、触診、必要に応じてX線検査の他にダイアグノデントペンを組み合わせることにより、患者様の歯をしっかり守らせていただきます。ダイアグノデントペンは、歯に当てた赤色レーザー(まったく痛くもかゆくもありません)の反射光を読み取り、数値と音に置き換えることにより歯が虫歯になっていたりひびが入っていたりすると反応する装置です。 視診・触診やX線などによる診断よりも高い確率で初期虫歯を発見することができます。
安全なレーザー光を使用するため小さなお子様や妊娠中のかたにも安全に使用することができる装置です。

 

パノラマレントゲン装置

当院ではデジタルパノラマレントゲン装置を導入しており、従来のアナログのものより放射線量が少なく、現像が必要ないため、撮影したものはすぐに確認できます。

 

口腔内カメラ(ペン型)

ペンの先端に超小型カメラを内蔵した口腔内専用のカメラになります。カメラの映像はチェアサイドのモニターに映し出されるので、患者さまも一緒に歯の状態が確認できます。

 

口腔外バキューム

歯科治療の現場では歯を削る、入れ歯の調整、金属やセラミックスを削る、被せ物を削るといったような機械によって物を削ることが多くあります。削ることにより粉塵が出ますが、通常使われる「口腔内」のバキュームでは多くの粉塵が吸引出来ないために、この「口腔外バキューム」によって吸引を行います。粉塵だけでなく、空気中の微細なゴミや菌などの細菌汚染物質も吸い込む事で、院内の感染防止にも努めております。

 

チャーピー(タブレット型歯周検査機器)

タブレットを用い、歯周ポケットの深さや出血の有無などといった歯周検査値を登録することができます。
検査後すぐに写真右側の様に確認の出来るイメージしやすい画像をご用意しております。